読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

furo117’s blog

ざっくばらんにいろんな事を書いていきたいと思います。

簿記の問題

第1問、次の取引について仕訳しなさい。

1、新潟商店に商品¥600.000を売り渡し、代金は内金¥50.000を差し引き、残額は同店振出の約束手形で受け取った。なお、当店負担の発送費用¥6.000は現金で支払った。

 

 

借方科目          貸方科目 

前受金50.000        売上600.000

受取手形550.000       現金6.000

発送費6.000

 

前受金とは、内金を受け取ったときに前受金(負債)で処理しているので、商品を売り上げたときには前受金(負債)の減少として処理します。

つまり、「売り上げて内金~を差し引き」の記述があればそれは「前受金」である。

 

受取手形は、新潟商店振り出しの約束手形で受け取ったため。資産の上昇。

発送費は、費用の発生。

 

売上は、収益の発生。

現金は、資産の減少。現金の科目の時だけは対になる科目があるようだ。

あとはなにやら文章を見てそれが動詞ならもう科目のようだ。

 

2、得意先新潟商店から商品700.000の注文を受け、本日同店から当座貯金口座に¥150.000の振り込みがあった。この振込額のうち¥100.000は注文品の内金であるが、残額の原因は不明である。

 

当座貯金150.000      前受金100.000

              借受金50.000

 

商品の注文を受けた際に受け取った内金や手付金は、前受金(負債)で処理する。また、内容が不明の入金額は、入金の内容が判明するまで借受金(負債)で処理する。

 

3、当期に売買目的で額面¥100につき¥94.2で取得した新潟コンサルタント株式会社社債のうち、額面総額¥1.000.000を額面¥100につき¥96.5で売却し、代金は月末にうけとることとした。

 

未収金965.000      売買目的有価証券942.000

             有価証券売却益23.000

 

現時点では受け取っていないから未収金という資産965.000

社債という資産を売却したから、「売買目的有価証券」の資産の減少。

売却価額(965.000)が帳簿価額(942.000)よりも高いので、差額は有価証券売却益(収益)で処理する。

 

4、新潟商店から商品¥500.000を仕入れ、代金は小切手を振り出して支払った。ただし、当座貯金の残高は¥300.000であったが、取引銀行とは借り越し限度額¥400.000の当座貯金契約を結んでいる。なお、取引運賃¥4.000は現金で支払った。

 

仕入れ   504.000    当座貯金300.000

              当座借り越し200.000

              現金4.000

 

当座貯金残高を超えて小切手を振り出しているため、当座繰り越しの処理をする。

取引運賃について取引先指示がない場合は、当店負担と考え仕入れ原価に含めて処理をします。

 

5、従業員に対する給料から所得税源泉徴収額¥50.000を差し引いた手取り額¥450.000を当座貯金口座から支払った。

 

給料 500.000      当座貯金450.000

             所得税預り金50.000

 

450.000は手取り額です。したがって、給与総額は源泉徴収額(¥50.000)に手取り額(450.000)を足した金額(¥500.000)となります。